田舎で時計屋しています 立花時計店│愛媛県八幡浜市 田舎で時計屋しています 立花時計店│愛媛県八幡浜市

【お客様の声】1970年製 アンティーク グランド セイコー 5645-7010 56GS ハイビート


日本の日本人による日本人のための腕時計

その名は、グランドセイコー

お買い上げありがとうございます!

 

 

1970年製 アンティーク グランド セイコー 5645-7010 56GS ハイビート 【OH済】

 

お客様から嬉しいお言葉を頂きましたので掲載させていただきます。

 

【H・T様 東京都在住】

立花時計店 様

ご連絡が遅くなりまして、申し訳ございません。

商品、無事に手元に届いております。
以下、駄文ではありますが、なにかの縁と思い購入へ至る経緯など記しておきます。

20年近くpaneraiを使用しておりましたが、この度、修理OHにだしました。

思いの外、腕時計のない生活は不便なもので、現行のセイコーファイブなど購入して
感心しまして、久々に機械式時計について調べて楽しみはじめたところでした。

セイコーについては、なんの印象も持ち得ておりませんでしたが、亀戸や諏訪など
セイコーの歴史などを面白く知りました。

ふと、自分と同年代のセイコーを検索したところ、立花時計さんのページが目にとまりました。

最近は年齢もあってか、スッとした佇まいのシンプルなものに魅力を感じるようにもなっていたので、
今回の56GSは大変好みの面構えで、一目惚れでした

調べると、
56系の成り立ちについても、現実的な選択をされて世に出たのだと解釈をし、
甘やかさずに使用したいタイプですので、むしろ好印象でした。

しかし、 時計は身につけるものなので、中古となると
前の持ち主などの想いが込められているようで重いなぁとも感じて躊躇もしました。

とはいえ、これだけの時を経た時計には量産品とはいえ個体としての個性を感じます。
いままでの経緯の痕跡は個性の一部として想像することが可能で、古物の面白さではないかと思えました。

私事ですが、楽器などで古物に携わることも多く、リペアするとしても骨董的な価値や
時計産業の文化的な側面、道具としての本懐など個体に寄り添った選択をすることが
肝要だと思っており、勝手ながら時計も同様ではないかと推察しております。

立花時計店さんの他時計の写真にも目をこらし、最低限に要約れている文章でもって品定めをするに、
基本的には道具としての機能を優先しつつ、個体ごとの個性を尊重した方向で手を入れて、使用に際して
自信をを持てるものを取り扱っている時計屋さんと感じました。

もちろん、上記のようなことは一目惚れしたことの言い訳だとバレていると思いますが、セイコーの時計は製造年と月まで
わかるとのこと。(なにはともあれ!)

製造年は自分と同じ。

では、製造月まで自分と同じだったら、会ってみたいじゃない?と思い確認して笑ってしまいました。
それに気がついた時には、興奮状態でしょうか。
購入時、住所の記入漏れをするくらいに!

さて、初対面したときの印象は、あっけないほど普通でした。
この普通さを感じたことを評価したいと思います。

きちんと整備された機械特有のこなれ感も感じられ、甘やかさずに使っていけそうです。
バンドは安い黒に変えて(仕事着)、この同級生と一緒に仕事をしていけることが喜びです。

「いままでどこでなにをしていたんだ?」なんて聞いてしまいそうになります。

そういう商品を届けて頂き、本当にありがとうございます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

長文になりました。申し訳ございません。

では、また機会がありましたら、よろしくお願い致します

 

 

 

 

----------------------------------------------------------------------------------



アンティーク中古時計|販売・修理・買取 【Since1957  立花時計店】

すぐにお届けできます!即納商品はこちら

すぐに 入手できる即納商品はこちらをクリック↓↓↓


※店頭販売も行なっておりますのでタイミングによっては在庫切れになる場合がございます。  



⚫️当店では修理・メンテナンスに力を入れております

100年後も残る、腕時計を・・・
アンティーク中古ブランド時計【修理について】    


どんな些細なことでも大歓迎です。♪♪♪
あなたにピッタリの相棒(腕時計)が見つかるまで
全力でサポートさせていただきます!!
 
お問い合わせはこちら→お問い合わせ
ショップはこちら→アンティーク中古時計|販売・修理・買取【Since1957 立花時計店】


「道を楽しむ」
よりもっと豊かな人生をおくるため
あそびや余裕 大らかさを
もってみては如何だろうか
そのためには どんな道でも楽しむこと
すなわち道楽が必要だ。  

今後とも立花時計店をどうぞよろしくお願いいたします。
       

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください