田舎で時計屋しています 立花時計店│愛媛県八幡浜市 田舎で時計屋しています 立花時計店│愛媛県八幡浜市

セイコー ダイバーズウォッチの歴史を徹底解説【ファースト・セカンドダイバー植村モデル他】


セイコー ダイバーズウォッチの歴史はここから始まった

レジャーの機会が増える夏にこそ大活躍するのが、セイコーのダイバーズウォッチ
ダイバーはもちろんのこと、世界中の冒険家や登山家にも愛されています!

 

その歴史がはじまったのは1965年のこと。
セイコーが国産初の防水性能150mを実現したダイバーズウォッチを発売しました。

初代セイコーダイバーズウォッチは1966年から4回にもわたり南極観測隊越冬隊員に寄贈され、不変の信頼性を植え付けることに成功したのです。

セイコーダイバーズのセカンドダイバーを解説

セイコーダイバーズの歴史を語る上で外せないのが、セカンドダイバー
深いストーリーを抱えていることで時計愛好家から絶大な支持を集めています。

製造年

1968年、セイコーは300m防水ダイバーズを発売しました。
世界最高水準を誇る10振動(メカニカルハイビート)を実現、従来の自動巻に手巻機能が加わりました。

「植村ダイバー」の別名

セカンドダイバーの後期モデル「6105-8110」は、別名“植村ダイバー”と呼ばれています。
1970年、日本山岳会の登山家・植村直己と松浦輝夫がエベレスト登頂時に携行していたというからです。

植村氏は1974年から3年もの間、北極圏12,000㎞の犬ぞりの旅を続けましたが、その際にも同モデルを使用していたといいます。

また、一説では植村氏がセカンドダイバーの制作に助言を与えていたとされています。

3種類の裏蓋表記

セイコーのセカンドダイバーは前期、中期、後期に分けられていますが、それぞれの大きな違いは裏蓋にあります。

1968~1969年の前期モデルは、裏蓋に“WATER PROOF”の文字が。

1970~1974年に生産された中期モデルには“WATER PROOF”と“WATER RESISTANT”の二種類が存在します。


1974~1979年の後期型では、“WATER RESISTANT”の刻印が単独になっています。

キャリバー

前期モデルのキャリバーは、ハック機能が付いていないシンプルな6105Aです。
中期から後期にかけてはハック付きの6105Bが搭載されています。

進化を遂げるセイコーダイバーズの歴史

“世界初”機能を搭載し進化を遂げるセイコーダイバーズ。歴史はまだまだ続きます。
時系列順に追っていきましょう!

1970年代後半

1975年には世界初のチタン製ケースを採用した600m防水ダイバーズを発売。
飽和潜水仕様となり外装だけでも20件の特許を得ました。防水性、耐久性、気密性を兼ね備えた画期的なモデルです。

世界初のクオーツ式ムーブメントを採用した600m防水ダイバーズが登場したのは1978年のこと。植村氏が北極を探検する際に用いたといいます。
水深1,062mの潜水調査にもクリアし、その耐圧性を見せつけました。

1980年代

1982年にはアラームにクロノグラフ、二か国語表示といった機能を搭載。アナログとデジタルのハイブリットウォッチ誕生です。


続く1985年には世界的ベストセラー・クオーツ仕様200m防水ダイバーズが。


翌年1986年には世界初、外胴プロテクターにセラミックスを取り入れた1000m防水ダイバーズが生まれました。

1990年代

1990年にはダイブコンピューターウォッチが。

1992年には電池交換不要のキネティックムーブメントを採用した200m防水ダイバーズが誕生。
世界初の試みを続けるセイコー。ダイバーズにかける想いを感じますね。

1995年はダイバーズの誕生ラッシュ。


・水深計、水温計、気圧計、ストップウォッチ内蔵の多機能ダイバーズ


・24時針搭載、プライトチタン製のキネティックダイバーズ


・フルート計測機能付き、アナログ式多機能ダイバーズ

を続けてリリースしました。

2000年代以降

2000年にはNX(ナイトロックス)を採用したダイブコンピュータウオッチの進化系・潜水仕様のダイビングコンピューターウオッチを発売。

世界初となるぜんまい駆動の電子調速ムーブメント「スプリングドライブ」を搭載したのは2005年のことでした。


2013年にはスプリングドライブに加え、耐食性や耐衝撃性を強化した外胴プロテクター採用モデルが登場しました。

セイコーダイバーズの価格相場は高い?

セイコーダイバーズの中でも特に高値で取引されているのが、セカンドダイバー「植村モデル」。
後期モデルは伝説のサーファー、エディ・アイカウも愛用していたことから、海外では別視点で評価されているんです。
価格相場は15~30万以上となっています。

当店のセイコーダイバーズウォッチ

1968年 SEIKO(セイコー) 6159-7000 ”プロフェッショナル ダイバー”ハイビート希少【OH済】

1975年 セイコー ダイバー セカンドモデル 【Ref.6105-8110】 ヴィンテージ 後期型 植村モデル【OH済】

1978年 セイコーダイバー サードモデル 【Ref.6306-7001】自動巻き ヴィンテージ【OH済】

----------------------------------------------------------------------------------



アンティーク中古時計|販売・修理・買取 【Since1957  立花時計店】

すぐにお届けできます!即納商品はこちら

すぐに 入手できる即納商品はこちらをクリック↓↓↓


※店頭販売も行なっておりますのでタイミングによっては在庫切れになる場合がございます。  



⚫️当店では修理・メンテナンスに力を入れております

100年後も残る、腕時計を・・・
アンティーク中古ブランド時計【修理について】    


どんな些細なことでも大歓迎です。♪♪♪
あなたにピッタリの相棒(腕時計)が見つかるまで
全力でサポートさせていただきます!!
 
お問い合わせはこちら→お問い合わせ
ショップはこちら→アンティーク中古時計|販売・修理・買取【Since1957 立花時計店】


「道を楽しむ」
よりもっと豊かな人生をおくるため
あそびや余裕 大らかさを
もってみては如何だろうか
そのためには どんな道でも楽しむこと
すなわち道楽が必要だ。  

今後とも立花時計店をどうぞよろしくお願いいたします。
       

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください