田舎で時計屋しています 立花時計店│愛媛県八幡浜市 田舎で時計屋しています 立花時計店│愛媛県八幡浜市

隠れた名品キングセイコー。国産アンティーク編


あなたは知っていますか??

かつてキングセイコーという名品があったことを・・・

 

IMG_0575

 

 

グランドセイコーに継ぐ高級時計ラインナップ

クォーツ時計が世にでまわる前に国産腕時計の頂点に立っていたのが、GSことグランドセイコーですね
GSは非常に高価だったため、機械そのものはGSに準じながらも精度調整を簡略化するなどしてGSに次ぐ高級腕時計とされたのが、KSことキングセイコー

2つのセイコー

工場が諏訪と亀戸に分かれていて、それぞれが別会社だったのです。
初代GSは諏訪精工舎(現セイコーエプソン)、初代KSは亀戸の第二精工舎(現セイコー電子工業)がそれぞれ製品化しています。後には、両舎ともGS・KS入り乱れて製造するようになりましたが、諏訪はGS、亀戸はKSの方に思い入れが強かったようです。

 

同じメカ

GSはクロノメーター規格よりも更に厳しい基準、GS規格というものを設定していました。

GS最後の機種は自動巻が56GS、手巻が45GSでしたが、これらは同時期の56KS45KSと全く同じ機械が使われています。強いて違いを挙げれば、機械(ムーブメント)に刻印された機種番号刻印が異なるのと、出荷前調整の念入りさ位のものです。

要するに機械は同じで出荷前の調整の念入りさが違うってことです。

 

 

e7a4d1fdbd01421df6252ef1c2f3e26007856a50.10.1.12.2

 

ただそれだけです!!!そんなこといいちゃいけませんが・・・

それだけで、値段が倍くらいちがいます

機械は同じですよ!?

「世界のセイコー」といわれるほどなので、出荷前調整の念入りさといってもKSの精度はいまでも抜群ですけどね

 

「何の時計???」

「これはキングセイコーよ」

「???キングセイコーって?」

「キングセイコーは昔・・・」

ってな会話も広がりそうです

 

IMG_1143

 

 

お値段は約4万〜7万ほどになっています。

現代の新品時計4万〜7万の機械とはモノが違います

ズバリ

「一緒にしないでよね」ってことです

 

IMG_0574

 

もちろんキングセイコーは生産終了してます

その為、年々市場に出回る個体数も少なくなってきます

特に、【安くていい状態の物】が少なくなってます

 

 

IMG_1144 IMG_1142 IMG_1141

 

 

↓↓↓『今はなき名品・・・キングセイコー』↓↓↓

   国産アンティーク

 

 

 

 

 


SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 斎藤勝義 より:

    先週 KS 5625A-7000 1969年 諏訪製を愛媛県の方から(私の妻が久松の出)、
    ヤフオクで ,私の友人経由 購入しました。時計番号が黒く塗り潰して有り、素性が判りませんが、良い質を期待して居ります。精度+8秒と書いて有りますから。風防ガラスと竜頭のパッキングを交換したいと思います。貴店でパキング交換と香車の中のスプリング清掃が出来ますか? 其の費用はお幾らですか? 私はパテック-ナルダン-ランゲを常用して居ります。国産はシチズンのクロノマスター自動を 始めて買い、
    性能良く、今度はKSを試しに買いました。斎藤勝義 獨逸在住=

コメントを残す

*